寒肥
d0171721_1935017.jpg

肥料は施す時期や目的によって、呼び方が違います。
1、2月の寒い時期は<寒肥>春の芽出しに備えます。
実際に芽が出るのは、まだ先ですが、
地面の下では準備が始まっています。
そして寒肥は、徐々に養分が溶けだす有機質がよく
合わせて腐葉土などを鋤き込むと良いです。
この時期は害虫の産卵、発生がないので土を作るチャンスです。
ベリータでは去年からバイオゴールドの取り扱いを始めました。
かなり良いです。
地力【土の力】が付くことで保肥性保水性が良くなると同時に
排水通気性も改善されます。
バイオゴールド・オリジナル/クラシック元肥
合わせてバイオゴールドの土を鋤き込むと良いです。 
園芸は<土>からと思います。

店主
by fiorista-verita | 2011-01-25 20:07
<< 千年の花 梅根性 >>



恵比寿の花屋 フラワーショップ「Fiorista VERITA フィオリスタ ベリータ」の店主日記
カテゴリ
フィオリスタベリータWEB


ベリータの花たちを見てください。
フィオリスタ ベリータ WEBサイト

http://www.fiorista-verita.com

花束、フラワーアレンジメント、ウェディング会場装花など、約90点ものベリータの花たちのギャラリーや、花のお手入れ方法などのお花の基礎知識、ガーデニングの基本など盛りだくさんでお届けします!

<携帯用ブログ>
最新の記事
心の色
at 2012-05-29 22:38
熱情
at 2012-02-04 21:16
ダニエル・オスト vs たけし
at 2012-01-25 19:20
新芽
at 2012-01-19 17:04
おしくらまんじゅう
at 2012-01-14 18:08
以前の記事
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧